プロフィール

やました

Author:やました
メディオ沖新にたまに出没するらしい
おもちゃ王国にもたまに出没するらしい


月別アーカイブ


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/02/05のおまちゃ王国のセッティングを考える

DSCN4009.jpg
今回のセッティングしたいコースはこれ
5レーンのフルフラットである
今まで立体ばかりやっていたので
今回は挑戦者として謙虚に行こうとおもう

というわけで
ちょうどいいことに
メディオ西市にフラットコースができたので
そこで研究を開始した

DSCN4010.jpg
そこでできたマシンがこれである
77g
ただし3レーンのレーンチェンジを越えるための装備がついているので
本番ではもう少し軽くなる予定

DSCN4013.jpg
DSCN4012.jpg
DSCN4011.jpg
この下についているのが「3レーンのレーンチェンジを越えるための装備」である
下にスタビをつけるなんて
フラットって不思議だなと思う

これでタイムは12秒92
最速タイムは11秒96なので
何とかレコード+1秒は切った
今回はこのあたりが落としどころか?

その他気になった点
・モーターのノウハウが無い
・電池のノウハウが無い
・軸受けが620でなくPOM
・ローラーは19mmでいいのか?

・今回脱脂をしたが
 脱脂の効果は微々たるものであるようだ
 体感だと5%も変わらないような?
・ホイールを軽量化することを検討中
・スピードが速すぎるので
 タイヤ、ホイールが抜けることが多い
 本番時に抜けないようにすること
・MAのフロント側モーターマウントは
 脱着を数回するだけで歪んでしまうようだ
 本番では新品にすること


スポンサーサイト

2017/01/08のおもちゃ王国のレース結果

DSCN4008.jpg
今回のコース
結果は1R、2Rどちらも、バーニングで止まった

DSCN4002.jpg
今回のマシン
コペンの痛車である
シャーシはVS

DSCN4001.jpg
DSCN4003.jpg
DSCN4004.jpg
DSCN4007.jpg
このように、練習では普通の、本番では痛車の、と使い分けていた

セッティングについては
VSのノウハウ不足と
コペンの重さとねじれなさを解決できなかった
以上

2016年12月4日のおもちゃ王国のレースの結果

DSCN3951.jpg
DSCN3996.jpg
DSCN3997.jpg
今回はこのコースだ!
午後から雨が強く降った
じゃんけん大会もあった!

結果は
1R→ノーマルモーターで遅すぎてバーニング上らず
2R→トルクで予選突破!
  次のレースが予選突破者が少なすぎて決勝に
  でその4台がすべてCOで優勝者無し!!
    ちなみに私のマシンはバーニングで止まった

すさまじいレースだった
午前のルーキーは見てないのでわからないが
午後のレースに関しては
ビギナー1R→優勝者無し!
エキスパ1R→優勝者のみ!
ビギナー2R→優勝者無し!
エキスパ2R→優勝者無し!
おもちゃ王国史上もっとも荒れたレースではなかったか!?


今回の最終仕様
DSCN3998.jpg
DSCN4000.jpg
SFMトルク5対1スポンジタイヤ重めノーブレ




今回は3つの難しい要素が混じってとんでもないことになった
1 そもそもコースが難しい
  アイガー0枚+バーニング60
  つまり遅く、かつ遅すぎずということ
  今回はそのスピード域がめちゃくちゃ狭い
 
2 寒さでマシンのスピードが変わった
  寒いと
  ・モーターが遅くなる
  ・電池が遅くなる
  ・潤滑のの性能が下がる
  ・タイヤのグリップが低くなる
  ・コースのグリップが下がる
  みたいなことが考えられる
  つまり
  寒いと遅くなるということだ

3 雨でグリップが無くなった
  今回の一番影響の強かった要素
  2Rの途中あたりから
  バーニングのグリップが無くなっていたのではないか?
  まさかスポンジタイヤが滑るとは思わなかった



といろいろあったが
今回はすごく楽しかった!!

おもちゃ王国の屋外というのは
ここだけの強みだよなあ

普段3レーンのテンプレマシンを組む中
おもちゃ王国で勝つために
おもちゃ王国専用の
常識を超えたマシンを作るのはすごく楽しい

今回のブロッケン
ネタではなくて本気でこれで勝つつもりだった!
スポンジタイヤも5対1ギヤもネタでは無い!


そして過酷な体験の共有は連帯感を生むのか
今回の寒いわ雨は降るわの中で
その場に残りつづけた人たち
ミニ四駆が好きな人がこんなにもいて
じゃんけんして
雨の5レーン低速立体を攻略するという
稀有すぎる体験を共有
すごいテンションがあった
あそこにいた人間は
心の底からミニ四駆が好きだと言っていいだろう!!




コース紹介

DSCN3995.jpg
・アイガー0枚
 ノーマルモーターやトルク5対1の速度域だと思う
 いわゆる低速立体
 0枚とはアイガー後にストレートが0枚という意味である
 ミニ四駆の坂セクションはそのあと何枚ストレートがあるかで
 がらりと難易度が変わってしまうのだ

 
DSCN3992.jpg
DSCN3993.jpg
・バーニング60度
 見た目のインパクト大
 ブレーキを掛け過ぎると止まる
 本当に止まる
 アイガー対策にブレーキを強めたらバーニングで止まった
 非常によくある
 アイガーとバーニングが同時に存在するコースは
 遅くて遅くない
 繊細な速度調整が必要になる



今回はこんなところで

JCJC買った

DSCN3943.jpg
でかくて重い箱!!


DSCN3947.jpg
でかいコース!!



家で広げると
すごいインパクトあるな


で走らせてて思ったのが
3レーンのレーンチェンジ、難しくね?
ということ

速度が一定以上になると急に牙をむき
対策がされてないマシンはCO確定という非情さ
これ、知らないと死ぬやつだわ

対策は
・たからばこにすること
・スラストをしっかりきかせること
・重心を低くすること

だと思う 経験則的には

特に重心を低くするというのがきつく
20グラムのプラボディだと
重心が高すぎてCOしたりする
うーむ プラボディ使いたいのだが・・・

2016年12月4日のおもちゃ王国のレースのセッティング

さあ
本番前に書いておかないとね

DSCN3951.jpg
今回のコース

このコース
ストレートが多くMD積んだら気持ちいいだろうな
と思うがそうはいかない
アイガー上り0枚があるから
過去のおもちゃ王国のブログを見たところ
かなりやばそう
・ノーマルモーターを積んだ 
・完走者が出たら拍手が起こった
そしてバーニングもあるし


そしてそれらを考えて組んだマシンはこんな雰囲気だ!!
DSCN3952.jpg
スポンジタイヤでグリップをかせぐ!!
写真ではPDが入っているが本番ではトルクに!!
ギヤは5対1だ!!



DSCN3953.jpg
ウエイトで超フロントヘビーに!!


DSCN3954.jpg
ちなみにノーブレだ!!



このマシン
作ってて楽しかった
最近テンプレの改造ばかりだったので
ここまで常識を無視したマシンは久しぶりだった

これは
勝つためのセッティングだ!!

2016年11月6日のおもちゃ王国のレースで1位になった!

DSCN3935.jpg
うれしい~!
かなり勝つ気で準備してた!
結果が出てうれしい
今回はそんなレースの話


DSCN3948.jpg
今回のコースはこれだった



このコースのポイントは
・アイガー前の加速区間が長いこと
・バーニングに前に加速区間がないこと
である

マシンは
・低速でブレーキが弱いマシン
・高速でブレーキが強いマシン
が考えられるが

そして今までのレース参加の経験で分かっていることで
高速でブレーキが強いマシンが
アイガーとバーニングがあるコースを走ると
アイガーで減速できて安定するよりに先に
バーニングで止まる

というのがある

というわけで今回は
・低速でブレーキが弱いマシン
と私の中では決まっており
現地の練習走行では
100%COしないかを確認した
バーニングを上りつつアイガーでCOしないセッティングは
かなりシビアなブレーキ調整がいるようだ


DSCN3924.jpg
DSCN3926.jpg
DSCN3928.jpg
DSCN3929.jpg
というわけでこんな感じのマシンになった



おもちゃ王国のコース紹介
DSCN3916.jpg
レーンチェンジ(5レーン)
今回は低速な流れだったのでわかりにくかったが
3レーンのレーンチェンジよりは簡単な印象
COするマシンもちらほらいた
おそらくスラストが足りてない

どんなにスピードが出ていても
3レーンのレーンチェンジがクリアできるなら
100%クリアできると思う



DSCN3918.jpg
アイガー
おもちゃ王国といえばこれ
めっちゃCOする

スロープ(5レーン)
ゆるい坂
マシンは少し浮いてしまうが
フェンスの中での浮きなので
全くCOする要素がなっかた印象



DSCN3922.jpg
葉っぱ
屋外に葉っぱ、すごく自然でいいと思う
特徴は、グリップが下がるところ
今回はスーパーハードタイヤだったのだが
すべるすべる!!
バーニングでスリップしまくり!
登れるか登れないかのギリギリだった

あと、寒いとグリップが下がる気がする
タイヤ?かコースの摩擦が冷えて下がった??


今回はこの辺で

近況

ずいぶん更新をほっといてしまった
最近やっていたことを書く

・2016/10/02のおもちゃ王国のレース
→1R、2RどちらもCO
 むむむ、、、


・カーモデル組み立ててた

DSCN3936.jpg
タミヤのロードスター

DSCN3937.jpg
DSCN3938.jpg
DSCN3939.jpg
タミヤのNSX

更新をほったらかして
カーモデル組み立ててた

塗装技術がすさまじく上がった


・2016/11/06のおもちゃ王国のレース
DSCN3935.jpg
優勝した
うれしい!!!

2016年10月2日のおもちゃ王国のレースの攻略を考える

DSCN3864.jpg
DSCN3865.jpg
明日のレースのセッティングが悩ましい
検証していない部分があり、どうなるかわからないのである

ちなみに、5レーンである



コースを見るときは
COポイントに注目する

このコースは
・バーニングで停止←ブレーキ掛け過ぎ注意
・アイガー上り←最高速度から減速できるのか?
・アイガー下り←オーバースピードでCO確定
・DB←アイガー上りのために使うブレーキで対処可能
の4つある

で今回のキモは
バーニングまでに加速ができる距離があること
なのである


ここで私の検証していない
バーニングは最高速度で突入した場合
最強のブレーキをかけていても突破できるのか?

が重要になってくるのである


前回のコースで
バーニングは加速区間がないと
ある程度のブレーキで止まってしまう

ことは確定しているのだが、、、


つまり今回のコースは

・安定
 アイガー上りで飛びすぎない遅いマシンを用意する
 バーニングをクリアするためにブレーキは無し


・大穴
 バーニングは強力ブレーキをつけていても
 スピードで突破することが可能であり
 よって
 アイガー上りは強力ブレーキで減速可能で
 超高速マシンが勝つ!?


の2つのセッティングがある

大穴のパターンだったらどうしようかなー



明日のレース前の練習走行で

・最強ブレーキでこの加速区間で
 1週目にバーニングに突入した場合突破できるのか?

・最強ブレーキならアイガー上りに
 最高速度で突入しても減速できるのか?


を検証できるかが勝負になるだろう

ノートの話

DSCN3862.jpg
私はミニ四駆をするにあたって
ノートをつけている

ミニ四駆は
思いついて5分後には忘れているような
そんなふっと思ったことが重要だと思うからだ



DSCN3863.jpg
(言葉が汚いのは気にしないこと)



どうだろう
一瞬思ったことを書いていくとこんな感じになる


色は黒と赤の2色がおすすめ

黒はその瞬間思ったこと
赤は後日見直して、やはり重要だと思うこと
に使うと、すごく見やすい


私にとっては
ノートをつけるのもミニ四駆である







プラズマのブラシ

DSCN3852.jpg
ニッケル水素電池のプラズマ放電
やってるうちにプラズマが回らなくなった


DSCN3853.jpg
ブラシ交換した
ラジオペンチを使えばあっさりいけた

新品と比べると明らかに消耗していた
というか、無くなっていた

新品に変えたら、元通りの凶悪な回転になった

これでまた、放電ができる

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。